引っ越しって、準備が面倒ですよね。

しかも急な引っ越しの場合、こちらもアタフタしてしまうしなるべく面倒なことはしたくないですよね。

また、引っ越しの費用もリーズナブルな方がいいです。

そう考えた場合、引っ越しの業者も単独で見積もりをせず相見積もりを取った方がいいのだけれど、その場合のノウハウ(引っ越し業者への断り方など)をお伝えします!

 

そもそも契約後にはキャンセルできるの?

 

引っ越しはいつでもキャンセルはできます。しかも3日前ならキャンセル料は無料。

キャンセル理由はどんな理由でもよく、「ほかの業者と契約した」などの理由でもキャンセル可能です。

電話でその理由を聞かれても、正直に伝えて大丈夫です。

しかしほかの業者と契約したと伝えると、更に営業を掛けてくる可能性がありますので、上手に断った方がいいですね。

例えば、「引っ越しが延期になった」という風に理由を説明すると業者もこれ以上言えないと思います。

とはいえ、キャンセル料ですが、2日前からのキャンセルならキャンセル料が発生します。

お金はなるべくかけたくないので、十分に計画を練って引っ越し準備を始めましょう。

その根拠は?

では、なぜキャンセル料は3日前にキャンセルすると無料なのでしょうか?

引越し業者の多くは国土交通省が告示する標準引越運送約款というものを使用しています。

その中で引越し業者は「引越しの2日前までに見積もり書の記載内容の変更の有無について確認する」と、(引越し約款で)定められています。

この確認の連絡がない場合は、引越し前日・当日にキャンセルした場合でもキャンセル料は支払う必要はありません。

 

また、引っ越しのキャンセル料が発生してしまった場合の取り決めはどうなっているのでしょうか?

これについても国土交通省の標準引越運送約款で以下のように定められています。

引越し前々日のキャンセルまたは延期・・・見積書に記載した運賃等の20%以内
引越し前日のキャンセルまたは延期・・・見積書に記載した運賃等の30%以内
引越し当日のキャンセルまたは延期・・・見積書に記載した運賃等の50%以内

以上のことから、契約書のキャンセル料がこの範囲内になっているか、念のためにチェックしておいた方が得策です。

契約時に段ボール・ガムテープを貰っていたら?

  • キャンセルした業者の段ボールが未使用で、引っ越し業者を変更

段ボールが未使用の場合、キャンセルした業者へ返却するか、あるいは段ボールを買い取ることになります。

しかし、未使用であっても買取をお願いしている業者も中にはあるようです。

ちなみに返却する場合でも送料は自己負担、つまりお客様が負担するみたいのところが多数です。

  • キャンセルした業者の段ボールを使っていた段階で、引っ越し業者を変更

キャンセルした業者に対して段ボール(梱包資材)を買い取ります。つまり代金を支払わなくてはいけません。

この場合は、新しい引っ越し業者にその旨を言ってみるのも手かもしれません。

上手くすると段ボール代が値引きされるかもしれません。

 

 

以上、色々書いてきましたが、できるなら引っ越し契約から何も変更なく無事契約完了が理想ですよね。

しかし、色々と予期せぬことが出てくるのも事実。

3日前であればキャンセル料はかからないという決まりになっていますので3日前に行うのがいいですが、出来るだけ早くキャンセルするのが望ましいようです。