【引越しの荷造り】業者はどこまでやってくれるの? 疑問を徹底解説‼
ちあきちあき

引越しの業者も日時も決めたけど、荷造りって何から始めたらいいの?

万歳万歳

引越しの荷造りってどこまでいやればいいのか難しいよね

やることが多くて分かりにくい引越しの準備…

計画的に行わないと引越し前日なのに準備が全然終わってない!なんてことになりかねません。

今回はそんな不安を撃退するために、荷造りをどこまでやっておけばいいのか具体的に紹介していきます!

 

引越しって何するの?

引越しを任せる業者も引越しする日も決まった!

でも、準備って何から始めていいのかわからない…

どこまで自分で梱包すればいいの?

特に初めての引越しだとこんな疑問が浮かぶと思います。

引越しの準備と言ってもプランによって様々です。

まずはプランごとの特徴を見ていきましょう。

プランの種類

引越しのプランは主に3種類あります。

まずは、荷造りや荷解きは自分で行う「基本プラン」。

そして、荷造りは業者に任せて荷解きだけは自分で行う「半分おまかせプラン」。

最後に、荷造りも荷解きも業者にお任せする「全部おまかせプラン」。

業者によってそれぞれのプラン名に違いはありますが、主にこの3種類のプランが用意されています。

それぞれどんな特徴があるでしょうか?

オーソドックスな「基本プラン」

まずは基本プランの説明からしていきます。

荷造り・荷解きを自分で行うこのプランは、一般的な引越しのイメージに近いと思います。

基本プランの一番の特徴はやはり料金の安さ!

他のプランよりも業者に任せることが少ないので当然料金も安くなります。

引越しまでに十分な時間を確保できる方や、手間より価格を重視する方にお勧めです。

しかし、荷造りの量は一番多くなってしまいます

荷造りは基本的に前日までに終わらせなければならないので、基本プランを選ぶ場合は計画的に荷造りを進める必要がありそうですね。

忙しい人向けの「半分おまかせプラン」

半分おまかせプランのメリットは価格と手間のバランスの良さ!

料金が安いが手間のかかる基本プランと、料金は高いが手間のかからない全部おまかせプランの折衷案的存在のこのプラン。

荷造りをしている時間はないが、高額なプランにはしたくないという人向けです。

自分で行うのは荷解きだけなので引越し前の準備はほとんどありません。

荷造りの手間が省けるのはかなり楽ですね!

とにかく時間がない!多忙な人の救世主「全部おまかせプラン」

忙しすぎて荷造りも荷解きも無理!

そんな多忙な現代人の最強の味方は荷造り・荷解き全部を業者に任せられる全部おまかせプラン。

その分料金はかかってしまいますが、かなり楽に引越しできます。

ただし、荷解きも業者が行うので家具の配置などは引越し前に細かく決めておく必要がありそうです。

 

荷造りって何をすればいい?プラン別に紹介!

ちあきちあき

3つのプランについては分かったけど、それぞれ荷造りはどこまでやればいいの?

万歳万歳

それじゃあ、いよいよプランごとにやることリストを作っていこう

万歳万歳

今回はこの間取りの部屋と仮定して説明していくよ

基本プラン

基本プランの場合、荷造りは自分で行わなければなりません。

しかし、冷蔵庫やベッド、タンスなどの大型家具の梱包は業者が行ってくれるので大丈夫です。

荷造りは部屋ごとに行うと荷解きの時も楽なのでおすすめです。

ちあきちあき

業者が梱包してくれるのってどこまで?

万歳万歳

確かに、その境界は分かりにくいよね。そこらへんも具体的に見ていこう!

部屋

部屋にあるものをリストアップしてみましょう

  • ベッド(布団)
  • テレビ
  • テレビ台
  • クローゼット(タンス)
  • カーペット

まず、ベッドや布団はそのままで大丈夫です。そのまま運べる場合はそのまま、無理な場合は解体して搬出・搬入をしてくれます。

ただし、解体できないベッドもあるので、事前に引越し業者に確認することをお勧めします。

そして、テレビやテレビ台、タンスなどの収納具もそのままで大丈夫です。

ですが、テレビのリモコンなどの小物は紛失しないように荷造りする際にまとめておきましょう。

そして、テレビ台やタンスなどの収納具の場合には、中身を段ボールなどに移して搬送中に中身が出ないようにしておくと良いでしょう。

最後にカーペットですが、折りたためるものは折りたたんで荷造りし、そうでないものは丸めて紐などでぐるっと一周巻いて留めておけば大丈夫です。

キッチン

キッチンにあるものは次の4つですね。

  • 冷蔵庫
  • 食器棚
  • 電子レンジ・オーブントースター
  • 洗濯機

冷蔵庫は中身を空にして、冷蔵庫内の霜を取り除くために1日以上は電源を落としておいてください。

食器棚は収納具と同様に中の食器を梱包し、空の状態にしておきましょう。棚自体はそのままで運んでもらえます

電子レンジやオーブントースターは内部の皿などは取り除き、蓋が搬送中に開かないようにテープなどで固定しておくだけで大丈夫です。

洗濯機はしっかりと水抜きをしましょう。

水抜きが完了したら給排水用のホースを取り、ホースなどの小物は他の荷物と一緒に荷造り用段ボールに入れておけば良いでしょう。

本体の搬送は業者に任せてしまって大丈夫です。

 

洗面所や玄関に収納具がある場合は、他の収納具と同様中身を抜いておきましょう。

ただし、植木など大きめの植物がある場合、業者によっては搬送してくれない可能性や、オプション料金が発生する場合があります。

一度業者に問い合わせてみると良いと思います。

半分おまかせプラン・全部おまかせプラン

ちあきちあき

おまかせプランはどっちも荷造りをしてくれるのよね?

その通りです!

半分おまかせプランでも、全部おまかせプランでも荷造りは業者がすることになっています。

とっても楽ですね!!

ちあきちあき

じゃあ、自分ですることは無いの?

いえ、おまかせプランの場合にも自分でやるべきことはあります。

それでは説明していきましょう!

何を持っていくのか選別を行おう!

荷造りは業者が行ってくれますが、何を持っていくのかは当然自分で決めなければなりません

また、業者に触られたくない大切なものは自分で梱包しておくと安心です。

さらに、搬入時に荷物をどこに置いてもらうのかも細かく決めておいた方が引越しがスムーズに進みます。

ゴミは廃棄しておこう!

ゴミの廃棄は引越し業者の仕事に入っていません。

なので、ゴミは基本的に自分で廃棄しておきましょう。

粗大ごみなどは搬送してしまうと廃棄料に加えて運搬料もかかってしまうので、引越し前に廃棄しておくのがおすすめです。

ライフラインは停止させておこう!

電気や水道、電気などのライフラインの停止は住居者の仕事となります。

なので引越し前に停止させておきましょう。

 

まとめ

  • プランは3種類!自分に合ったプランを選ぼう。
  • 荷造りは部屋ごとに行おう!
  • ゴミは廃棄しておこう!
  • ライフラインの停止も忘れずに!

今回は荷造りをどこまで行えばよいのかについて詳しく説明していきました。

どうでしたか?

プランごとに作業がかなり異なりますね!

プラン選びも大事な要素になりそうです。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。