始めまして、当サイトの管理人、万歳健太郎です。

いろいろとある引っ越しサイトの中からこのサイトを選んでいただきありがとうございます。

簡単に自己紹介させていただきます。

おめでたい名前だねとよく言われますが最近結婚した28歳男子です。

以前引っ越し業界で働いていましたのでいわば「引っ越しのプロ」です。

(僕の詳しい経歴についてはこの記事の下の方でじっくり紹介していますのでお楽しみに★)

 

簡単にこのサイトの紹介をすると、

「結婚して新居に引っ越す予定の人のバイブル」

のようなイメージです。

もちろん結婚していない方にも引っ越すための役立ち情報は活用いただけると思います。

 

このサイトを見て頂いている方ならお分かりだと思いますが、引越って意外とストレスになるんですよね。。。

  • どこの業者に頼めばよいのかわからない・・・
  • 何を準備すればよいのかわからない・・・
  • 結婚してどんな新居を選べばよいのかな・・・

こんな方でも、このサイトを見ればストレスフリーにお得に引っ越しできるようになります。

あと、禁断の引っ越し業界の裏側や闇も暴露しちゃいますので要チェックですよ!

これ知らないと本当に損するんで気を付けてください。

(詳細は「引っ越し屋1社に見積もり依頼するのは自殺行為!?」の記事で紹介しています。)

 

さてさて、ぶっちゃけトークはこの辺にしておいて、、、

僕、万歳健太郎についてもっと知りたい!という声が聞こえてきそうなので僕のことについてもうちょっとお話します。

僕は新卒で物流会社に入社しました。(←この時はまさか自分が引越屋になるとは思いも知らず・・・)

東京の支店で勤務をしていて、メインの業務はトラックやフェリー、鉄道での貨物輸送の管理でした。

始発で出勤して終電で深夜に帰宅、という超ハードモードな毎日。

ちょっと想像以上にハードでしたが、でも物流業界って、「経済を回している」感じがあって仕事にやりがいは感じていました。

そんなある日、僕は上司にこんなことを言われました。

「今週末引っ越し手伝ってくれないか?」

ちょっと始めは意味が分かりませんでした。

うちの会社はトラックやフェリー、鉄道の物流会社であって、引越屋ではないからです。

「えっ!?課長引越するんですか?」

と、とんちんかんな回答をした僕。

「いやいや、引っ越しの仕事だよ!人が足りないから手伝ってほしい。」

実は物流業界では引っ越し屋でなくても、繁忙期などには空いているトラックを活用して引っ越し業務をするのは当たり前だったのです。

えーーーーーー。こんないきなり、しかも引っ越しなんて肉体労働じゃん。

「わかりました!」

新入社員の僕は課長からの指示を断る勇気もなく、いやいや週末引っ越しの作業をすることになりました。

そして、その日を境に、週末の引っ越し地獄が始まったのです(笑)

そして極めつけは3月。

3月といえば、進学、入社、転勤などで引っ越しの超繁忙期です。

毎週末土日は引っ越し作業は当たり前、平日も本業を差し置いて引っ越しに駆り出されていました。

詳しくは「繁忙期(3月)の引っ越し屋の裏事情!ハードすぎてお客様にもこんな悪影響が!?」で紹介しています。

ちょっとですね、僕たちも3月の引っ越しシーズンは嫌でしたが、引っ越しするお客さんも3月に引っ越しするのは少しデメリットがありますね

(「3月に引っ越しをするデメリットとお得に賢く引っ越しする方法!」で詳しく紹介しています)

まあそのデメリットをしったところでどうにもならない部分が大きいのですが。

あと少し話がそれますが、物流業界は超深刻なドライバー不足&高齢化が進行中です。

ドライバー不足ということはつまり「引っ越しのトラックのドライバーも不足している」ことを意味します。

これって多くの人が知らないと思いますが、実は超深刻な問題。

「引っ越し難民」っていう言葉もあるほど、今物流業界の人材不足は深刻なんです。

だから引っ越しについて無知だと、引っ越しすらできない可能性もあるんです。

(詳しくは「引っ越し難民とは!?ドライバー不足の現状とうまく引っ越しを乗り切るテクニック」で紹介しています)

さてさて、ちょっと煽り過ぎましたかね(笑)

でも引っ越し業界のこの現状はみなさんにも知っていただきたく、このサイトではリアルな現場の状況をお伝えしたいと思います

そんな僕ですが、2019年に結婚しまして、僕自身も新居への引っ越しをすることになりました。

繁忙期を避けて安くうま~く引っ越しを乗り切りました(笑)

(そのうまい引っ越しの仕方については、「引っ越しを格安で賢くする方法10選!元引越屋やのプロが教える秘密の方法とは」で紹介しています)

でも僕にとって大変だったのは引っ越しよりも新居の選定でした。

何せ、人生設計をあらかじめしていないとどんな家を買えばよいのかわかりませんので。。。

ということで、このサイトでは新居の購入を予定している新婚の方の新居選びのコツについても自身の経験をもとに解説しています。(もちろん新婚でない夫婦でもOK!)

(詳しくは「新婚さんの新居えらびのコツ12選!これだけ考えておけば後悔なし!」の記事から)

ということで、少し長くなりましたが、万歳健太郎の自己紹介は以上とさせていただきます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

みなさんの引っ越し、そしてその先の新居での生活がうまくいきますように